和装

結婚式を控えた方必見。人気のレンタル衣装ショップで借りられる、人気の和装カタログです。

レンタルできる人気の和装カタログ

和装 和装
>>定番の赤の色打掛。どんな模様は古典的ですが、古臭さを感じさせないキレイな色使いです。 >>かわいらしいイメージのクリーム色の色打掛です。小さめの柄がたくさんが入っているので、小柄な方にもオススメです。
和装 和装
>>定番の古典柄の白無垢です。素材や柄も、どんな体型・顔立ちの方にも似合います。 >>ゴールドの模様が入った、モダンな柄の白無垢。より華やかな印象です。
和装 和装
>>定番の真っ赤とは一味違う、朱色が特長です。珍しい柄ゴールドの柄で、他の人とは少し差をつけられるかも。 >>赤色の裏地がポイントの黒の引振袖。大人っぽい雰囲気が醸し出せます。小物の色使いでも遊べそう。

和装の柄選び

和装スタイルでは、同じ色合いの衣装でも、それぞれ柄が異なっていますので、まずは好みの柄や色で候補を絞っていくと良いでしょう。

そして、いくつか候補を絞ったのであれば、襟元と左側のデザインをチェックしましょう。この部分の柄が質素すぎると、華やかさに欠けてしまいます。

また、袖の部分もゲストから目に付きやすい部分であるため、袖の外側の柄も確認しましょう。

さらに、歩く際には裾を上げますが、このとき背中の部分の柄も目に付きやすくなります。

もし、なかなか候補を1つに絞れない場合、これらの人目に付きやすい部分の柄が気に入っているものを選ぶことをおすすめします。

和装スタイルの選び方

衣装選びで大切な要素は、好みのデザインであること、似合っているかどうか、です。

そのため、写真などで気に入ったものを見つけたら、試着をし、鏡で全身をチェックすることをおすすめします。

婚礼の着物の色といえば、白・赤・黒です。白は白無垢、黒は黒引き、赤は色打掛で用いられる色です。ただし、赤といっても、原色の赤ではなく、日本の伝統食である朱色を意味します。朱色は、魔力に強く、災厄を防ぎ、穢れを祓うと言われており、朱色は色打掛に適した色といえます。

また、紫は高貴、緑は調和、ピンクは幸福など、それぞれの色に意味があるため、このような意味を考えながら色を選ぶのも良いでしょう。

そして、お祝いごとには松、竹、梅、蘭などの植物、鶴、亀、鳳凰、七宝、宝船、御所車など縁起が良いものをあしらいます。これらを吉祥文様といい、季節に関係なく身につけることができます。しかし、中には、季節を表す柄があしらったものもありますので、このような柄を選ぶ場合、季節にあっているかどうか、吟味することが大切です。

それから、身体の大きい方は大振りの柄、身体が小さい方は小ぶりの柄のものを身につけると全身がバランスよく見えます。